September 29, 2013

外湯の掛け持ち

ぐるっと別府市内を車で流して何となく地理を把握。

ではお宿に一度荷物を置きに行きましょう。

別府駅から少し歩いたとこにありました。
20130815_183430
おおっ
月並みな言い方ですが千と千尋野上隠しの舞台のような建物。
ラムネが似合う。

ちゃり〜んとお代を番台のおばちゃんに支払い男湯へ向かいます。
んっ?
着替えるところは見たまんまなのですが湯船があるところが地下?掘り込みで階段で下がるの。
不思議です。
なんでなのか??

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/px_6120/52029884