June 14, 2012

高松宮記念杯競輪始まったが・・・

この梅雨に入ったか入らないぐらいの時にあるメインイベントの1つ競輪の高松宮記念杯競輪が今年も開催されました。

今年は北の大地 北海道の函館でございます。

滋賀の琵琶湖競輪で開催の時はかなり楽しみにしておりまして出かけておりました。






今回は

西のスペシャルメンバでのレース

12Rの白虎賞



アニキ


村上義弘選手


落車


つらい。

せっかく落車のスパイラルから脱出の兆しがあったのに。

昨年のグランプリのリプレーを見ているようだ。


大丈夫なのか???






  

Posted by px_6120 at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

June 09, 2012

コロンバスマックスって?

R0011388
コロンバス マニアにはたまらない響きです。

何が?って

靴のクリームのメーカーじゃないですよ。


自転車に使われるパイプのメーカーの一つなんです。


イタリアの老舗メーカー。

日本では石渡や丹下、現在ではカイセイなどございますが舶来かぶれの私にはイタリアコロンバスなのです。
他にはフランスのピチューやイギリスのレイノルズももちろんございます。


そういえばナガサワレーシングサイクルさんとこにロードレーサーをオーダーしに行った時もコロンバスで作ってなど今だったらあり得ない要望をしてしまいました。


そのコロンバス社のマックスという異形のフォークが競輪界で流行ってるのですが、それを初めて目にしたのがヤフオクで落札したナカガワサイクルワークスさんのロードレーサーのフォークがそうでした。

ストレートで平たい形のフォークです。


NJSビルダーではマキノやサムソンのフレームで制作されているようです。

初めは深谷選手や今期の村上選手のフレームをみて横から見るとなんか太いなぁどういうこと?と

コロンバスのマークも入ってるし
まさか採用されているとは思いもよらず。

謎でした。

向日町競輪場に平安賞で村上兄貴のフレームを近くで見たときもなんか太いフォークだなーと思ったのですがわからず終い。

ケイリンマガジンで小嶋選手の記事でやと判明という具合。

ロードレーサーはカーボンが主流になったのでクロモリはなかなか進化しないですが厳しい規定の中で製作されるNJSでは最新型の素材なのです。
  
Posted by px_6120 at 09:01Comments(1)TrackBack(0)